お店の守り神「仙台四郎」

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

仙台四郎を知っていますか?

本名は芳賀四郎と言います。

江戸時代から明治時代にかけて、仙台に実在した人物です。

商売繁盛の福の神として、その写真が仙台を中心にお店などに飾られています。

彼の幼少期は聡明な少年でしたが、川で溺れて生死の境をさまよってから知能障害となり、話すこともできなくなりました。

スポンサーリンク

しかし根が優しく、いつも笑っていました。

街中のお店にほうきが立てかけてあれば勝手にその辺りを掃き、水が桶に汲んであれば勝手に水をまいていました。

不思議なことに彼が店先を掃除したり立ち寄ったりすると、そのお店は繁盛するのです。

それで福の神と言われるようになりました。

ただ、その噂を聞き付けてわざと店先にほうきを出しておいても、そのあざとさを見抜くのか、やって来なかったそうです。

本能で良いお店を見抜いていたのかもしれません。

その彼は今では『仙台四郎』と呼ばれ、仙台を中心に全国でも有名になっています。

いつも笑顔だった仙台四郎、彼の写真や人形を店に飾ると商売繁盛すると言われています。

商売は買うのも売るのも人です。

やはり情が一番大事です。

それを仙台四郎はわかっていたのでしょう。

繁盛する店を見抜いていたのではなく、人を見抜いていたのかもしれません。

関連記事(一部広告含む):