よく受験生が嫌う言葉に『落ちる』『滑る』などがあります。

気になりますか?

もちろん、あまり良い言葉ではありませんよね。

受験生の前では、禁句のように思われていたりします。

しかし実際は、受験生よりも親などの周りの人の方が過敏になっているように思います。

言霊というのはあるでしょう。

負の言葉というのは、負のもの招きます。

しかし、『落ちる』や『滑る』はマイナスだけの言葉ではありません。

何より、受験に落ちる・滑ると言うのならまだしも、他の意味であれば、気にしなくていいのです。

言霊だって、受験生がフィギュアスケートを見て『綺麗に滑ってるねぇ』という言葉の揚げ足を取って不合格を呼ぶなんてことありませんから。

自分の中にある不安が、『滑る』や『落ちる』という言葉を不吉なものに変換してしまうのです。

自信がある人は、そんなの気にしません。

その言葉を聞いてもそこから『受験に落ちる』という風に連想しないで、普通に使っています。

不安に駆られることはしょうがありません。

何事も終わるまでわかりませんから。

しかし、あまりに不安がっていると、実力を発揮できません。

『落ちる』とか『滑る』とか聞いても動じないぐらいに、自信を持って臨みましょう。

こんな記事も読まれています: