ファイナンシャルプランナーとは、お客様の将来の夢に向けてそれを実現すべく、そのために顧客の投資計画や税金対策などの資産・生活設計をプランニングするという専門職です。

クライアントが未来の自分の希望に向けて安心して日々を過ごしていけるように的確なアドバイスをする、ライフプランについてのスペシャリストなんですね。

ファイナンシャルプランナーの資格にはいくつかの種類に分かれているので、自分の目指すレベルと照らし合わせて取得することが出来ます。

種類としては、

・3級FP技能士、2級FP技能士、1級FP技能士(国家資格)

・AFP(国内ライセンス)

・CFP(国際ライセンス)

となります。

自分の日常に生かしたいという人は3級FP技能士、エキスパートを目指すならCFPなど、これからの自分を思い描いきながら考えてみましょう。

ここが肝心です。

特にレベルの高いファイナンシャルプランナーの資格を取る場合にはなおさら、取ったその後の道しるべを自分で見つけておかないと、すぐに迷子になってしまいます。

とはいえ、近年注目度を上げてきている資格ですので、保険会社や証券会社で働いている人などは取得しておいても損はない資格かと思います。

この資格独自の強みを上手に使って、仕事や生活に生かしていきましょう。

こんな記事も読まれています: