開運招福!祈願倶楽部

開運を願う、みんなの祈願館

冬の寒さに負けず、朝日に向かって祈る

大体、受験は冬に行われます。

2月の寒い時期が一般的でしょう。

朝、起きるのが辛い時期です。

布団から出るのもやっとで。

もう少し寝ていたかったりして、ついまどろんでしまいます。

しかし、受験も朝から行われます。

学校によっては9時からあるところもあるでしょう。 [続きを読む…]

お菓子界の受験戦争

受験が近づくとお菓子メーカーの商戦も賑わってきます。

様々なお菓子が受験仕様になり、名前を合格にからめています。

その先駆けがキットカットでしょう。

『キットカット=きっと勝つと』という意味で、受験シーズンになると桜の絵が描かれたキットカットが売られています。

カールは受験用に『受カール』と名前を変えて出ています。

名前を少し文字って変えているお菓子は他にもあります。 [続きを読む…]

鮑・栗・昆布で試験に合格

勝負事に臨むとき、よく食べられるものがあります。

カツです。

敵に勝つ。

己に勝つ。

そんな意味でカツやカツ丼はよく食べられます。

しかし、あまり油っぽすぎると胃がもたれることもあるかもしれません。

前日の夜ならまだしも、当日の朝などだとなかなか厳しいでしょう。 [続きを読む…]

勉強時間をタイムカードに書き込んで

アルバイトでも何でも、仕事をしているとタイムカードを打つでしょう。

月末にそれを見ると『今月もよく働いたな』と思います。

それと同じように、勉強した時間もタイムカードに記しましょう。

カードだけなら東急ハンズなどで、大した値段もせずに売っています。

打刻機を持っている人はなかなかいないと思いますので、手書きで構いません。

・図書館で勉強した時間 [続きを読む…]

今までやってきた問題集をお守りに

単語帳や問題集。

手垢が付いたりしてボロボロになったものが一冊はあるはずです。

受験が近くなってくると、今までの問題集だけじゃ不安になってきます。

本当にこの勉強法で合っていたのだろうか?

今からでも間に合う他の参考書があるんじゃないか?

そんなことを思って焦ってきます。

しかし、直前に新たなことをやっても身に付きません。 [続きを読む…]

嵐や台風でも落ちないリンゴ

1991年、大型の台風が日本列島を襲いました。

日本全土に被害を及ぼし、死者を62名も出すほどの被害でした。

青森県のリンゴ農家の被害は甚大なもので、ほとんどのリンゴが木から落ちてしまいました。

リンゴは熟す前に木から落ちると食用としては不向きなものになります。

その被害は38万8000トン、被害金額は741億7千万円とされ、9割ものリンゴが出荷できなくなりました。

リンゴ農家の被害が大きかったので、その台風は『リンゴ台風』とも言われました。 [続きを読む…]

学問の神様と言えば菅原道真

学問の神様と言えば菅原道真でしょう。

彼は多くの神社に祀られています。

受験シーズンにもなると、学生たちは神社にそのお守りを求め、賑わいを見せます。

菅原道真は平安時代に活躍した貴族で、政治や学問に精通していました。

右大臣にまでなりましたが、藤原時平の陰謀によってその地位を追われ、大宰府に左遷されてしまうのです。

失意に暮れる中、道真は39歳という若さで亡くなってしまいました。 [続きを読む…]