開運招福!祈願倶楽部

開運を願う、みんなの祈願館

※PICK UP カテゴリ ⇒ 願掛け

宅地建物取引主任者の資格って?

宅地建物取引主任者とは、不動産を扱う際に必ず必要となってくる資格です。

財団法人不動産適正取引推進機構(http://www.retio.or.jp/)

業務内容は、物件の紹介や確認、また売却など、この資格を取ることで不動産に関わる業務を全般的に受け持つことが出来るようになります。

宅地建物不動産を営む場合、従業員の5人に一人はこの宅地建物取引主任者の資格を持っている必要があります。

また、不動産を扱うのは何も宅地建物不動産の事務所だけではありません。 [続きを読む…]

土地家屋調査士の資格はどんなもの?

土地家屋調査士とは、顧客の依頼を受けて土地や建物の所在地や形状、また、どのように利用・使用されているかを調査するお仕事です。

日本土地家屋調査士会連合会

更には測量した結果の図面などを作成し、不動産の表示に関連する登記の申請手続きなどを行うことも出来ます。

この資格は不動産の登記などの手続きをする司法書士の資格と一緒に持ち合わせていると、司法書士業務に対して非常に有利になります。

というのも、司法書士が商業登記や不動産登記のうち「権利」に関する部分の登記を受け持つのに対して、土地家屋調査士は不動産登記の「表題部」の部分を担うからです。 [続きを読む…]

ファイナンシャルプランナーになるには?

ファイナンシャルプランナーとは、お客様の将来の夢に向けてそれを実現すべく、そのために顧客の投資計画や税金対策などの資産・生活設計をプランニングするという専門職です。

クライアントが未来の自分の希望に向けて安心して日々を過ごしていけるように的確なアドバイスをする、ライフプランについてのスペシャリストなんですね。

ファイナンシャルプランナーの資格にはいくつかの種類に分かれているので、自分の目指すレベルと照らし合わせて取得することが出来ます。

種類としては、

・3級FP技能士、2級FP技能士、1級FP技能士(国家資格) [続きを読む…]

司法書士とはどのような資格?

司法書士とは、顧客から依頼を受けて裁判所や検察庁、または法務局などに提出する書類を作成したり、登記や委託に関わる手続きを顧客の代理として申請するというお仕事です。

司法書士を目指すにあたっての受験資格は、行政書士と同様、特に設けられておりません。

ですので、年齢や学歴を超えて、どんな方にでも目指すことが出来る資格です。

日本司法書士会連合会

とはいえ、この国家試験も合格率は非常に厳しい数値となっていて、例年だいたい3%弱の受験者がようやく合格出来るというほどの狭き関門になっています。 [続きを読む…]

行政書士とは、こんな資格!

行政書士とは、法律に関する書類や手続きの専門家です。

官公署に提出する書類というのは実に多種多様で、それぞれに様式があるので、間違いなく作成しなくてはなりません。

そんな専門的な手続きを代行して行ってくれるのが、行政書士という業種なのです。

日本行政書士会連合会(http://www.gyosei.or.jp/)

行政書士になるためには、だいたいの人は行政書士国家試験を受け、合格する方法を選ばれます。 [続きを読む…]

公認会計士の資格をとるには?

公認会計士とは、顧客の要求に応じて財務書類の監査や証明などの手続きを受け持つことの出来る専門職です。

監査とは、利害関係者に対して会社が公表する財務諸表などが正式に表示されていることを、独立した第三者の立場から証明するというお仕事です。

一見ちょっと難しい感じがしますが、要は会社の財務状況を適正に世間に立証するというお仕事ですね。

日本公認会計士協会

この資格は国家資格で、会計系の資格の中では最高峰にあたります。 [続きを読む…]

税理士の資格ってどうやって取るの?

税理士とは、納税者の依頼を受け、所得税や法人税などの税務に関連する申請を代理して行ったり、書類作成や税務相談を通じて会計帳簿の代行をしたりするお仕事です。

税務に関する全ての手続きのスペシャリストですね。

日本税理士会連合会

税理士国家試験の受験資格は、他の国家資格のなかでも項目が多いのですが、それらを大きく分けると「学識、資格、職歴、認定」の4項目に分けられます。

公認会計士との違いは?といいますと、公認会計士は財務や会計に関する手続き、税理士は財務に関する手続きを行うというところです。 [続きを読む…]