司法書士とは、顧客から依頼を受けて裁判所や検察庁、または法務局などに提出する書類を作成したり、登記や委託に関わる手続きを顧客の代理として申請するというお仕事です。

司法書士を目指すにあたっての受験資格は、行政書士と同様、特に設けられておりません。

ですので、年齢や学歴を超えて、どんな方にでも目指すことが出来る資格です。

日本司法書士会連合会

とはいえ、この国家試験も合格率は非常に厳しい数値となっていて、例年だいたい3%弱の受験者がようやく合格出来るというほどの狭き関門になっています。

これは実例に当てはめてみますと、例えば社会人になってから、司法書士国家試験を目指すことを決め、寝る間を削って必死に勉強しても、たいていは1度で合格することは出来ないというくらい、難しい試験なのです。

これからの時代、何か資格がないとなぁ・・・という軽い気持ちでは、きっと途中で勉強を続けることに無理を感じるようになるでしょう。

とはいえ、一つのことを突き詰めて考えることの出来る方や、もともと司法書士関係のお仕事をしていた人、また不動産関係のお仕事の経験があればより概要を把握しやすいので、そういった方が一発合格を目指せば、それは夢では終わらないかもしれません。

もちろん、全くそういった経験のない方が一発合格をして司法書士登録をした、という事例もあります。

ちょっと気軽に、とはなかなかいかない資格ですが、勉強すればするほど法律に強くなることは間違いありません。

もちろんこれは、あなた自身の頼もしいスキルとなることでしょう。

みなさんもチャレンジしてみませんか?

こんな記事も読まれています: