開運招福!祈願倶楽部

開運を願う、みんなの祈願館

※PICK UP カテゴリ ⇒ 願掛け

‘伝統工芸の職人’ Category

世界中で需要が高まる日本の伝統文化

今、先進国を中心に日本の文化が注目を集めています。 先進国になるほど環境問題の意識が高いため、自然素材を使って巧みな技を駆使する日本の伝統工芸が注目を集めるのは当然の帰結ともいえます。 日本国内で需要が低くなり、伝統工芸 […]

ドン・ペリニヨンに選ばれた日本の木桶

日本の伝統工芸が海外で注目されている実例を挙げましょう。 たとえばドン・ペリニヨンが日本の中川木工芸に発注した木桶のシャンパンクーラー。 フランスのモエ・エ・シャンドン社が誇る世界を代表するシャンパン・ブランドですが、そ […]

木桶はかつて日本の日用品

「風が吹けば桶屋が儲かる」といった諺があるくらい、かつて日本には桶屋が多く存在していました。 何しろ桶は使い道が豊富です。 小さいものでは軒先に水を撒く手桶や風呂桶、ご飯を入れておく御櫃(おひつ)から大きいものになると高 […]

防水性が高く修理が可能な日本の漆器

木桶と並んでポピュラーな日本伝統の文化が漆器です。 現在、お椀はプラスチックや樹脂製が大半を占めていますが、それでも木地に漆を塗ったデザインだけは継承されていますね。 漆の技法は中国が発祥ですが、漆器に関しては日本が独自 […]

モダンアートに発展する漆塗り

プラスチックや樹脂の台頭で伝統工芸という日常から離れた存在になってしまった漆ですが、伝統的な漆器を高級化する一方で現代の生活に合わせたスタイルを生み出しています。 たとえばスマートフォンケース。 プラスチックに漆を塗った […]

洋紙は100年、和紙は1000年

2014年、日本政府が申請した「和紙 日本の手漉和紙技術」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)に無形文化遺産として登録されました。 和紙はクワ科の植物、楮(コウゾ)を原料にして手で漉いて作りますが、洋紙に比べて耐久性が高く […]

クール・ジャパンが後押しする日本の文化

木桶、漆、和紙と日本の代表的な伝統工芸品の新しい形を紹介しました。 もちろんこれら3種類は注目されている中でも氷山の一角。 植物性油脂を使う和蝋燭(わろうそく)、日本独自のカットグラス工法による江戸切子や薩摩切子、解釈を […]

リスクマネーを提供するクール・ジャパン機構

日本文化の需要を高めるクール・ジャパン政策が具体的にどのような活動を行っているのか、それを簡単に紹介しましょう。 メディア・コンテンツやファッションなども範疇ですが、ここでは地域産業の伝統工芸品に絞りますね。 伝統工芸品 […]

伝統工芸に就職する前に自分の目で確かめる

日本文化を海外に発信するクール・ジャパン政策、その追い風現象は2020年の東京オリンピックで頂点に達します。 今すぐ、転職すれば5年の猶予があり、職種にもよりますが、頑張れば技術を習得できて世界中から日本が注目される期間 […]